1月の新車総販売、11%減と4か月続けて2ケタのマイナス

マツダ CX-30
  • マツダ CX-30
  • ダイハツ ロッキー
  • ホンダN-WGN新型

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が2月3日に発表した1月の新車販売統計(速報)によると、総台数は前年同月比11.7%減の36万0103台になり、今年の販売はマイナスでのスタートとなった。

前年同月実績を割り込むのは、消費税が増税された2019年10月から4か月連続であり、しかもこの4か月はいずれも2ケタの減少率となっている。新車需要は冷え込んだ厳しい展開になっている。

総台数のうち登録車は、11.1%減の22万1464台で、4か月連続のマイナスだった。ブランド別では前年の落ち込みが大きかったSUBARU(スバル)が57.1%増と大きく伸ばし、コンパクトSUVの『ロッキー』効果のあるダイハツも16.3%増だった。しかし、これ以外の乗用車ブランドはいずれもマイナスとなり、新型『フィット』の投入が遅れているホンダは34.6%減、新モデルが乏しい日産は33.2%減と大幅に減少した。

一方で、『CX-30』などの新モデルが健闘しているマツダは2.4%減、『カローラ』シリーズなどを擁すトヨタは4.0%減とマイナス幅が小さくなっている。2月以降はフィットやトヨタの『ヤリス』が新モデルとして登場するので、登録車の反転にどう寄与するかが注目される。

1月の軽自動車は12.8%減の13万8639台で、登録車同様に4か月連続のマイナスとなった。メーカー別では日産(6.8%増)を除いて全社がマイナスと、前月と同じ販売動向となった。

ダイハツ、スズキ、ホンダの上位3社がいずれも2ケタ減となっており、需要の弱さを映した格好だ。メーカー別の販売シェアはダイハツが30.5%でスズキ(30.0%)を抑え、2か月ぶりにトップとなった。

《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 3年ぶりマイナスの519万台…2019年の新車総販売 画像 3年ぶりマイナスの519万台…2019年の新車総販売
  • 消費増税後10月の新車総販売、24.9%減と反動大きく4か月ぶりマイナスに 画像 消費増税後10月の新車総販売、24.9%減と反動大きく4か月ぶりマイナスに
  • 【マツダ CX-30】発売2か月で1万2346台を受注、月販目標の2倍超 画像 【マツダ CX-30】発売2か月で1万2346台を受注、月販目標の2倍超
  • レクサス東京、バレンタイン限定メニューを提供開始 画像 レクサス東京、バレンタイン限定メニューを提供開始

特集

おすすめのニュース