VW キャディ、17年ぶりのフルモデルチェンジ間近…公開直前スクープ

VW キャディ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW キャディ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW キャディ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW キャディ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW キャディ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW キャディ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW キャディ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW キャディ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW キャディ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

VWはこの2月に、主力コンパクト商用車『Caddy(キャディ)』新型をデビューさせることを発表、ティザースケッチを公開しているが、その実車をカメラが捉えた。

捉えた最新プロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが薄く、初めてヘッドライトのアウトラインやボディ全体のシルエットが露出している。しかし、グリルやテールライトは偽装パーツが使用されている。テールライトはルーフまで垂直に伸びている可能性もあるようだ。

新型では、全輪駆動車用「MQB」プラットフォームを採用、少なくとも2種類の長さのボディが用意され、両サイドにはスライドドアが採用される。すでに公開されたティザースケッチとはプレスラインなどに違いがみられ、これから最終仕上げが行われているはずだ。

予想されるパワートレインは、ターボチャージャー付きのディーゼル、及びガソリンユニット、そして遅れてマイルドハイブリッドが設定される。現行モデルは2003年にデビューしており、17年ぶりのフルモデルチェンジまでもう少しだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース