パイオニア、オートモーティブワールド2020に初出展…パートナー探しのきっかけに

パイオニア(オートモーティブワールド2020)
  • パイオニア(オートモーティブワールド2020)
  • パイオニア(オートモーティブワールド2020)
  • パイオニア(オートモーティブワールド2020)
  • パイオニア(オートモーティブワールド2020)
  • パイオニア(オートモーティブワールド2020)
  • パイオニア(オートモーティブワールド2020)

パイオニアは1月15日に東京ビッグサイトで開幕したオートモーティブワールド2020に初出展し、先進安全運転支援システムの「インテリジェントパイロット」と、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」を紹介している。

インテリジェントパイロットについてパイオニアのモビリティサービスカンパニーでマーケティングチームマネージャーを務める森田佳代子氏は「事故予測プラットフォームを核として、世の中から交通事故を無くしていきたいという提案」と語る。

その仕組みは「デジタル地図データとプローブデータで独自のものを持っているので、それに天気予報や過去の事故発生データ、さらにはドライバーの運転傾向など様々な情報を加えることで、ドライバーごとに事故のリスクを予測して警告を出す」というもの。

森田氏によると「現在はドライブレコーダーを使って危険挙動を検知しているが、今後はインカメラでドライバーをモニタリングする機能も付加する。またAIスコアリングを強めて警告出す精度も高めていく」とのことだ。

一方のビークルアシストは、カーナビゲーションやドライブレコーダーを通信回線でサーバーと接続することで、車両の動態管理、運行コースの進捗管理、危険運転の把握、さらには自動日報作成など高度な運行管理を支援するサービス。

こうしたサービスは多くの会社が提供しているが、「カーナビやドライブレコーダーなど自社製品があるので、自車位置など精度の高いログデータが使えるのがパイオニアとしての強み」と森田氏は語る。

パイオニアがオートモーティブワールドに出展するのは今回が初めてとなるが、森田氏は「ソリューション全体の提供というよりは、それぞれのソリューションを構成している様々な機能、パーツを求めるパートナーを探したい」と話していた。

《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • パイオニア、先進安全運転支援システムやクラウド型運行管理サービスなど紹介予定…オートモーティブワールド2020 画像 パイオニア、先進安全運転支援システムやクラウド型運行管理サービスなど紹介予定…オートモーティブワールド2020
  • パイオニア、小型・高性能の新型3D-LiDARを開発 2020年秋より量産開始 画像 パイオニア、小型・高性能の新型3D-LiDARを開発 2020年秋より量産開始
  • パイオニアがメカレスLiDARによる自動運転試乗を実施、2020年量産化に向け…ITS世界会議2019 画像 パイオニアがメカレスLiDARによる自動運転試乗を実施、2020年量産化に向け…ITS世界会議2019
  • トミカ半世紀、トヨタ・ホンダ・日産とコラボの記念モデルも発売へ[新聞ウォッチ] 画像 トミカ半世紀、トヨタ・ホンダ・日産とコラボの記念モデルも発売へ[新聞ウォッチ]

特集

おすすめのニュース