9枚の窓ガラスをスイッチひとつで下げる…フィスカーのEV『オーシャン』に特許技術、CES 2020で発表予定

フィスカー・オーシャン
  • フィスカー・オーシャン
  • フィスカー・オーシャン
  • フィスカー・オーシャン
  • フィスカー・オーシャン
  • フィスカー・オーシャン

フィスカーは、2020年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2020で初公開する新型EV『オーシャン』(Fisker Ocean)の「カリフォルニアモード」の内容をツイッターで発表した。

オーシャンは、電動SUVで、バッテリーの蓄電容量は、標準仕様でおよそ80kWhとなる予定だ。1回の充電で、最大およそ300マイル(約483km)を走行できる性能を備える。

また、駆動方式は4WDだ。前後アクスルにモーターを搭載すると見られる。米国でのベース価格は、4万ドル(約438万円)以下と、従来のフィスカーの電動モデルと比較すると、大幅にリーズナブルな価格を実現する。

このオーシャンには、カリフォルニアモードを設定する。カリフォルニアモードはSUVとしては初めて、ソフトトップを使用せずに、ルーフをフルオープンにできるシステムで、フィスカーの特許技術という。

その内容は、スイッチひとつで、9枚の窓ガラスを下げることが可能になるというものだ。フロントサイドガラスが左右2枚、リアサイドガラスが左右2枚、リアクォーターガラスが左右2枚、リアハッチガラスが1枚、ルーフガラスが2枚の合計9枚の窓ガラスを、スイッチ操作ひとつで下げることができる、としている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • シボレー コルベット 新型、ミッドシップオープン発表…ロサンゼルスモーターショー2019 画像 シボレー コルベット 新型、ミッドシップオープン発表…ロサンゼルスモーターショー2019
  • トヨタ、特許を供与する新プログラム発表---自動車産業以外にも適用可能 画像 トヨタ、特許を供与する新プログラム発表---自動車産業以外にも適用可能
  • ランボルギーニ、新世代スーパーキャパシタ向け新素材の特許申請…将来の電動車に搭載へ 画像 ランボルギーニ、新世代スーパーキャパシタ向け新素材の特許申請…将来の電動車に搭載へ
  • 「空気の洗車屋さん」カーエアコン洗浄の専用工具が特許取得 本体取り外しが不要 画像 「空気の洗車屋さん」カーエアコン洗浄の専用工具が特許取得 本体取り外しが不要

特集

おすすめのニュース