横浜ゴム、「ホビータイヤ」を全面アピール…東京オートサロン2020展示予定

横浜ゴムは、2020年1月10日から12日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に、タイヤブースとホイールブースを出展する。

タイヤブースでは趣味としてカーライフを楽しむユーザーに向けた「ホビータイヤ」を全面的にアピールする。モータースポーツからクラシックやオフロード、ドレスアップまであらゆる自動車ユーザーの趣味に対応する「ホビータイヤ」のほぼすべてのラインアップを一堂に展示するほか、多様な車両とのマッチングを紹介。ストリートスポーツタイヤ次期コンセプトモデル「ADVAN NEOVA AD08R」を装着したトヨタ『スープラ』のほか、趣味性を高めたマッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR X-MT」×フォード『ラプター』やスズキ『ジムニー』×「GEOLANDAR X-AT」、ホワイトリボン採用のヒストリックカスタム車両向けタイヤ「Y360」を装着したシボレー『コルベット』などを展示する。

また、同社がワンメイクサプライヤーを務める「全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ」の車両「SF19」に小学生以下限定で乗り込んで写真撮影ができるコーナーを設置するなど、来場者とのコミュニケーションを図る。さらに、子どもから大人まで楽しめるミニ四駆のADVANカラーオリジナルモデルをブース内で世界初公開。SF19のVR体験や、レースやラリーなどに参戦しているドライバーや監督など多彩なゲストによるトークショーも開催する予定だ。

ホイールブースでは「ADVAN Racing」ブランドをメインに主要モデルを全色出品。新商品では鍛造、鋳造でそれぞれ2モデルを紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース