犬の足ロボット開発、ジャガー・ランドローバーが耐久テストに[動画]

ジャガー・ランドローバーが開発した犬の足の形をしたロボット
  • ジャガー・ランドローバーが開発した犬の足の形をしたロボット
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型と荷室の犬
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型と荷室の犬

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は12月10日、3Dプリントで犬の足の形をしたロボットを開発し、車両の耐久性評価テストを開始した、と発表した。

ジャガー・ランドローバーが開発したのが、「ロボヨギ」(RoboYogi)だ。犬の足の形をしたロボットで、犬の爪が塗料を引っ掻く行為に耐えるリアバンパーを開発するテストなどに使用されている。その結果、リアバンパーは10年以上の使用に耐えることが確認されたという。

ロボヨギは、英国の犬の専門団体と協力して開発された。中型犬がどのように荷室に出入りするのか、また、犬の爪や足によってどれだけの圧力がかかるのか等、研究し、犬の動きを忠実に再現しているという。

ジャガー・ランドローバーは9歳の犬の足を参考にして、バネ付きレプリカのモデリングと3Dプリントを行い、ロボヨギを開発した。爪が輪郭に沿って、バンパー全体に均等に圧力がかかるようにした。また、バネ付きの爪は、簡単に交換できる設計とした。

ジャガー・ランドローバーは、ロボヨギを使用して、5000回の耐久テストを行っている。ロボヨギは荷室のトリムパネルをランダムに10回引っ掻き、線形の引っ掻き傷を付ける。

このロボヨギの成果が反映されているのが、新型ランドローバー『ディフェンダー』だ。同車には、横開きのリアゲートが装備された。その開口部には、犬が登るために、リアバンパー上部に平らなデザインが採用されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ランドローバー ディフェンダー 新型、映画『007』最新作に起用 2020年4月公開[動画] 画像 ランドローバー ディフェンダー 新型、映画『007』最新作に起用 2020年4月公開[動画]
  • サプライヤーの金型保存問題の解決なるか…日産のダイレス成形技術は「手曲げ」ならぬ「ロボット曲げ」 画像 サプライヤーの金型保存問題の解決なるか…日産のダイレス成形技術は「手曲げ」ならぬ「ロボット曲げ」
  • ホンダ、東京・日比谷公園などでロボット芝刈機『Miimo』の実証実験開始 画像 ホンダ、東京・日比谷公園などでロボット芝刈機『Miimo』の実証実験開始
  • 家族の運転を IoTで見守るサービス…オートバックス「くるまないと」発売へ 画像 家族の運転を IoTで見守るサービス…オートバックス「くるまないと」発売へ

特集

おすすめのニュース