2020年度以降、秋田-男鹿間の列車を蓄電池電車に統一…キハ40・48形を置換え

男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。
  • 男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。
  • EV-E801系によって淘汰されることになった男鹿線のキハ40・48形。

JR東日本秋田支社は12月3日、秋田県の男鹿(おが)線を含む秋田~男鹿間に交流蓄電池電車EV-E801系「ACCUM」(アキュム)を2020年度以降に追加投入すると発表した。

EV-E801系は2017年3月に運行が開始され、現在は3往復に充当されている。EV-E801形とEV-E800形による2両編成で、交流電化区間の奥羽本線秋田~追分間では架線からの電力供給を受けて走行。非電化区間の男鹿線追分~男鹿間では電化区間で蓄電池に蓄えた電力で走行する。

同区間では2020年度以降、キハ40・48形気動車で運用されている列車をすべてEV-E801系に置き換える計画。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 男鹿線蓄電池電車の新ヘッドマークを募集…12月下旬から掲出 画像 男鹿線蓄電池電車の新ヘッドマークを募集…12月下旬から掲出
  • 秋田・男鹿線の「ナマハゲACCUM」3月4日デビュー…車両展示会も開催 画像 秋田・男鹿線の「ナマハゲACCUM」3月4日デビュー…車両展示会も開催
  • 秋田・男鹿線の蓄電池電車、12月中旬から性能評価…2017年春デビューへ 画像 秋田・男鹿線の蓄電池電車、12月中旬から性能評価…2017年春デビューへ
  • JR東日本、男鹿線に蓄電池電車「EV-E801系」導入へ 画像 JR東日本、男鹿線に蓄電池電車「EV-E801系」導入へ

特集

おすすめのニュース