ミツバサンコーワ、新セキュリティ対応の二輪車用ETC車載器発売へ

ミツバサンコーワは、二輪車用で初めて新セキュリティ規格に対応したETC車載器「MSC-BE61/61W」を12月6日より発売する。

ユーザーの決済情報を保護する現行のETCセキュリティ規格は、最長で2030年頃までで、その後は変更が予定されている。ただし、問題が発生した場合は変更時期が早まる可能性もある。

MSC-BE61/61Wは、販売中のETC車載器「MSC-BE51/51W」の基本性能はそのままに、将来実施されるこの新セキュリティ規格にも対応する。MSC-BE61はアンテナ一体型インジケーターを採用するシンプル構成で、スペースが少ない車両にオススメのモデル。MSC-BE61Wはスリムな独立型インジケーターでETC情報を通知。インジケーターをメーターやハンドル回りに取付、アンテナはスクリーンの内側など目立たない装着が可能だ。

価格(税別)はMSC-BE61が1万8000円、MSC-BE61Wが1万9800円。

またミツバサンコーワは、ETC2.0車載器の新モデル「MSC-BE700S」も同じく12月6日より発売する。新モデルは販売中の「MSC-BE700E」をベースとして、独立インジケーターに情報表示を集約させることで、アンテナ設置位置の自由度を向上。アンテナにLED表示機能がないため取付方向が自由となり、車両に合わせた配線の取り回しができる。

価格は2万3500円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース