日産と神戸市、災害時に電気と水を供給する連携協定締結 地元酒蔵も協力

災害発生時の「日産リーフ」からの電力供給イメージ図
  • 災害発生時の「日産リーフ」からの電力供給イメージ図
  • 日産リーフ

日産自動車と神戸市、兵庫日産自動車、日産プリンス兵庫販売、神戸酒心館の5者は11月25日、電気自動車(EV)を活用した「災害連携協定」を締結したと発表した。

今回の協定締結により、日産自動車および兵庫日産自動車、日産プリンス兵庫販売は、神戸市で災害発生を起因とする停電が発生した際、市が指定する避難所に、日産販売会社の店舗に配備しているEV、日産『リーフ』を無償で貸与する。

また、酒造会社の神戸酒心館は、災害発生により、神戸市内で水の確保が困難な場合に、自社で所有する飲料水を、日産のEVにて運搬し、市民へ提供する。なお同社貯水槽の容量は7万2000リットルで100人分の飲料水を480日間提供可能だ。

このほか、貸与した日産リーフから神戸酒心館にて電力供給し、神戸酒心館を一次避難所として活用することや、帰宅困難者に対し、携帯電話の充電やKOBE FREE Wi-Fi通信利用サービスを提供し、安否確認の情報収集などに活用できる体制構築も検討する。

日産自動車が、締結した自治体・企業との災害連携協定は今回で14件目。また、災害時の電気と水の供給という組み合わせでの協定締結は、日産として全国初の取り組みとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • EVを活用した災害連携協定、日産と狛江市が締結 画像 EVを活用した災害連携協定、日産と狛江市が締結
  • 災害時に「命を救う水に浮かぶEV」…FOMM マイクロ・ファブ事業部 佐藤俊氏[インタビュー] 画像 災害時に「命を救う水に浮かぶEV」…FOMM マイクロ・ファブ事業部 佐藤俊氏[インタビュー]
  • 災害時に役立つのは電動車両 国土交通省がとりまとめ 画像 災害時に役立つのは電動車両 国土交通省がとりまとめ
  • 善意の「必要なもの」が時として大迷惑になる【岩貞るみこの人道車医】 画像 善意の「必要なもの」が時として大迷惑になる【岩貞るみこの人道車医】
  • 三菱自、高知県と災害時協力協定を締結 災害発生時に アウトランダーPHEV など貸し出し 画像 三菱自、高知県と災害時協力協定を締結 災害発生時に アウトランダーPHEV など貸し出し

特集

おすすめのニュース