米トヨタ、高度な自動運転車の安全な開発手順を策定

トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4。レクサスLSベース(参考画像)
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4。レクサスLSベース(参考画像)
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4レクサスLSベース(参考画像)
  • トヨタの新型自動運転実験車 TRI-P4レクサスLSベース(参考画像)

トヨタ(Toyota)の米国部門は11月12日、他の自動車メーカーと協力して、高度な自動運転車の安全な開発手順を策定した、と発表した。

これは、トヨタが加盟している自動運転車の安全基準を構築することを目的にしたコンソーシアム、「AVSC」(オートメーテッド・ビークル・セーフティ・コンソーシアム)が中心になって策定したもの。このコンソーシアムは、2019年4月に設立された。トヨタ自動車、GM、フォードモーター、SAE(米国自動車技術協会)が中心となって、設立された。現在は、ダイムラー、ウーバー、リフト、ホンダも加盟している。

AVSCの目的は、自動運転車の安全基準を構築すること。加盟企業は現在、自動運転車の実用化に向けて、研究開発を進めている。SAEが定める「レベル4」「レベル5」の自動運転車の開発が目標だ。完全自動運転を可能にするレベル4とレベル5では、高度な安全性が求められることから、自動運転車の安全基準を作るコンソーシアムが立ち上げられた。

今回、トヨタはAVSC加盟の他の自動車メーカーと協力しながら、高度な自動運転車の安全な開発手順を策定した。レベル4やレベル5の自動運転車の開発テストにおいて、車両に乗車するエンジニアの作業手順などを定めたものだ。自動運転システムの安全を監視するエンジニアに必要な資格やトレーニング方法について、定めている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース