レアな乗り物を見る、実際に運転する OPEN ROAD…東京モーターショー2019 最後の週末

東京モーターショー2019「OPEN ROAD」では、近未来を感じる超小型モビリティ、パーソナルモビリティ、電動キックボードの試乗や、キッズも楽しめるカート体験、普段は見られない、様々なレアモビリティの展示を実施している。

「OPEN ROAD」は、東京モーターショーの有明エリアと青海エリアとをつなぐ、延長1.5kmの、人とモビリティが自由に行き交うシンボルロードだ。東京モーターショーが初めてという人も気軽に立ち寄り楽しめるように、入場無料エリアとなっている。

ただし試乗体験には、モーターショーの入場チケットもしくは入場リストバンドが必要。超小型モビリティ試乗は、試乗時間の2時間前から予約ウェブサイトで予約を開始、パーソナルモビリティ、電動キックボード、キッズカートは先着順待機、乗車となる。

【動画】東京モーターショー2019は自動車業界だけでなくオールインダストリーで、“未来のモビリティ社会”をプレゼンテーション。臨海副都心エリアを広く活用したショー会場全体の様子を動画で紹介す…

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース