コネクテッドカーのワイパー稼働データで降雨状況把握 トヨタ×ウェザーニューズ、実証実験開始

(イメージ)
  • (イメージ)
  • 特設サイト画面(サンプル)

トヨタ自動車とウェザーニューズは、ワイパーの稼働状況と気象データから道路およびその周辺の状況を把握するための実証実験を、東京都・大阪府・愛知県を対象に11月1日より開始した。

昨今、激甚化する気象現象やそれによる被害が社会問題となっており、これまで以上に局地性・即時性のある気象情報やその対応策情報が求められている。

このようなニーズに応えるためには、より詳細で正確な気象状況をリアルタイムに把握することが必要だが、既存の気象観測器は設置場所や測定間隔が制限されてしまうという課題がある。また雨雲レーダーは、対流圏下層(上空2km以下)の雨雲が降らせる雨や、霧雨のような小さな雨粒による雨は捉えることができないという弱点があり、降水エリアを正確に把握することは困難だった。

11月1日より開始した実証実験では、対象地域を走るトヨタのコネクティッドカーから得られるワイパーの稼働状況をマップに可視化し、実際の気象データと照らし合わせる。

アプリ「ウェザーニュース」のユーザーから寄せられる天気報告であるウェザーリポートで雨の報告があったエリアとワイパーの稼働エリアがおおよそ対応していたことがわかっており、ワイパーデータの活用により、雨雲レーダーで捕捉できない降水の把握が期待できる。

なお実証実験では、ワイパーデータと気象データとの関係を詳細に分析し、正確な降水エリアの把握するほか、ワイパー強度に対応する降水強度の推定などにも取り組み、ワイパーデータの天気予報への活用も検討する予定だ。

両社はワイパーデータの活用し、レーダーで捉えられない降水や実際の降水強度など、道路およびその周辺の状況を正確に把握することで、状況に応じた運転者への注意喚起を行い、ドライバーの安全に寄与することを目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 道路冠水をリアルタイム検知へ、気象データとコネクティッドカー情報で ウェザーニューズ×トヨタ 画像 道路冠水をリアルタイム検知へ、気象データとコネクティッドカー情報で ウェザーニューズ×トヨタ
  • ホンダ、車載通信モジュールを活用した新コネクテッドサービスを開始 画像 ホンダ、車載通信モジュールを活用した新コネクテッドサービスを開始
  • 1000万台規模のコネクテッドカーデータをリアルタイムで解析可能、処理基盤を富士通が発表 画像 1000万台規模のコネクテッドカーデータをリアルタイムで解析可能、処理基盤を富士通が発表
  • 【トヨタ カローラ 新型】今後のトヨタ車はディスプレイオーディオが基本?…コネクテッド機能 画像 【トヨタ カローラ 新型】今後のトヨタ車はディスプレイオーディオが基本?…コネクテッド機能

特集

おすすめのニュース