ヤンマーの農耕トラクタ、油圧回路不具合で走行不能となるおそれ リコール

改善箇所
  • 改善箇所

ヤンマーアグリは10月29日、農耕トラクタ「YT5113C」など4機種について、油圧回路に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「YT5113C」「YT5113AC」「TA-C1130」「GCR1130」の4機種で2015年9月17日から2019年8月8日に製造された326台。

静油圧変速機用ホースの形状が不適切なため、ホースとフレームが接触し、走行振動等によりホースが摩耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ホースが損傷して作動油が漏れ、最悪の場合、走行不能となるおそれがある。

改善措置として、全車両、静油圧変速機用ホースおよびホース継手を対策品に交換する。

不具合は9件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ダイハツが軽“空母”を開発、ドローンが離発着…次世代農業EXPO 2019 画像 ダイハツが軽“空母”を開発、ドローンが離発着…次世代農業EXPO 2019
  • デンソー、次世代農業用ハウス「プロファーム T-キューブ」を市場導入 自動車分野の技術を応用 画像 デンソー、次世代農業用ハウス「プロファーム T-キューブ」を市場導入 自動車分野の技術を応用
  • ヤマハ発動機、農業用無人走行車両の走行試験開始へ 画像 ヤマハ発動機、農業用無人走行車両の走行試験開始へ

特集

おすすめのニュース