マルチスズキ、新排出ガス基準の先行適合車が20万台突破…発売から半年

スズキ・エルティガ 新型
  • スズキ・エルティガ 新型
  • スズキXL6
  • スズキ・エスプレッソ
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • スズキ・ディザイア
  • スズキ・スイフト

スズキのインド部門、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は10月4日、2020年4月に導入される新排出ガス基準に先行適合した新車の販売台数が、発売から半年で20万台を突破した、と発表した。

インドでは2020年4月、新たな排出ガス基準のBS6が施行される予定だ。BS6は、欧州のユーロ5に相当する新基準で、排ガス中の窒素酸化物(NOx)を、およそ25%削減することが求められる。

マルチスズキは2019年4月、最初のBS6適合ガソリン車、『バレーノ』を発表した。これに続いて、『アルト800』、『ワゴンR』、『スイフト』、『ディザイア』、『エルティガ』を、BS6に適合させた。最近では、新型MPVの『XL6』と新型SUVの『エスプレッソ』が、BS6に適合。合計で8車種が、BS6に適合している。

マルチスズキは今回、このBS6に先行適合した新車の販売台数が、2019年4月の発売から半年で、20万台を突破したと発表した。マルチスズキは、BS6の早期導入はクリーンでグリーンな環境に対するインド政府のビジョンへのコミットメントを表すもの、としている。

<お詫び>当初、新排出ガス基準の先行適合車が「200万台」と記載されておりました。「20万台」に訂正し、再掲載させていただきます。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • スズキ、インドで新型小型SUV『エスプレッソ』発売 若年層を狙った個性的デザイン 画像 スズキ、インドで新型小型SUV『エスプレッソ』発売 若年層を狙った個性的デザイン
  • スズキがトヨタに初のOEM供給、バレーノ ベースのトヨタ車をインドで発表 画像 スズキがトヨタに初のOEM供給、バレーノ ベースのトヨタ車をインドで発表
  • ホンダ、世界初のタンブル流強化技術をインド向け新型スクーターに搭載 燃費10%向上 画像 ホンダ、世界初のタンブル流強化技術をインド向け新型スクーターに搭載 燃費10%向上

特集

おすすめのニュース