アウディ、5G通信でドイツテレコムと提携 2020年から実証テストへ

アウディ(Audi)は10月2日、ドイツ・インゴルシュタット市とドイツテレコムとの間で、5G通信テクノロジーに関する提携を締結した、と発表した。

将来の5Gセルラーネットワークでは、大幅に広い無線帯域と実質的にリアルタイムのネットワーク応答が可能になる。5Gは、異なる道路利用者間のコミュニケーションや自動運転、モノのインターネット(IoT)への接続に不可欠な技術的基盤になるという。

5Gアプリケーションのひとつは、5Gネットワークを介して、交差点の信号機が車両や他の道路利用者と、匿名化されたデータをやり取りすること。これにより、ドライバーや車両が、予期しない動きにより迅速に反応できるようになるという。また、歩行者と自転車のモバイル5Gデバイスを、インフラストラクチャと車両の間のリアルタイム通信に組み込むこともできる。

さらに、5Gなどの新しいテクノロジーは、駐車スペース探しに要する時間を短縮できる。駐車場を探し回る車は、都市の交通量のかなりの部分を占めている。駐車スペースの空き情報は、リアルタイム情報として、ドライバーに伝達されるという。

アウディは、2020年からドイツ・インゴルシュタット市において、5Gの実証テストを行う、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース