オートバックス、中古車個人間売買取引事業に参入…プラットフォーム構築へ

中古車個人間売買取引のイメージ
  • 中古車個人間売買取引のイメージ

オートバックスセブンは、中古車売買のC to C(個人間取引)市場に参入すると発表した。ブロックチェーンを活用した中古車個人間取引のプラットフォームを構築し、2020年4月からの稼働を目指す。

中古車の個人間取引は、消費者同士が契約、決済してモノやサービスを売買する。業者などが介在しないため、中間コストを削減できるほか、原則として消費税が課されないことから売り手は高く、買い手は安く売買できる。ただ、車両そのものに対する安全性や信頼性には不安が残る。

同社は特許を取得したオートバックスの車買取査定システム「査定Dr.」を活用、売買する車を査定するサービスを提供する。車両の安全性や信頼性を第三者が担保し、個人間でも安心して中古車売買を行うことができるプラットフォームを構築、中古車の個人間売買をサポートする。

プラットフォームにはブロックチェーンを活用、車両の売買情報や査定情報に加えて、取引後の走行状況などを更新することで、車両の正確な価値を継続的に担保する。ロックチェーンを活用したC to Cプラットフォームと中古車売買サービスの開発は、日本アイ・ビー・エムが協力する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集