三菱商事、アジアでのMaaS展開を支援---MaaS事業大手のMaaS Globalに資本参加

イメージ
  • イメージ

三菱商事は、フィンランドなどでMaaS(モビリティアズアサービス)事業を展開するMaaS Global(MG)の第三者割当増資を引き受け、資本参画したと発表した。

MGはスマートフォン用アプリケーション「Whim」を通じて鉄道・バス・タクシー・レンタカー・レンタルバイクなどを組み合わせて、目的地までのルート検索、予約、発券、決済が可能なMaaS事業を展開している企業。交通輸送サービスを月額定額制で提供したことなどが支持されている。2017年のフィンランド・ヘルシンキで「Whim」サービスを開始したのを皮切りに、現在はベルギー、イギリスでも同サービスを展開し、フィンランドでは同アプリケーションのダウンロード数が10万を超えている。今後、日本を含む世界各国へのサービス地域を拡大する予定。

三菱商事は2019年4月の組織再編で、新たに「自動車・モビリティグループ」を組成した。従来の自動車販売・金融などの事業拡大に加え、自動車業界の構造変化をとらえ、ヒトやモノの移動に関する課題を解決するモビリティ・サービス事業への取組みを進めている。

今回のMGへの資本参画を契機に、三菱商事の海外ネットワークや、様々な産業との接点を活かし、アジアをはじめとする各国・地域でMGのMaaS事業の横展開を図る。また、不動産・小売・旅行など、移動の発着地点となる様々な関連事業者とも連携し、移動サービスを超えた「Beyond MaaS事業」にも取り組む。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【MaaS】産業創出・まちづくり、その先のMaaS戦略…経済産業省 モビリティ戦略上席企画調整官 石川浩氏[インタビュー] 画像 【MaaS】産業創出・まちづくり、その先のMaaS戦略…経済産業省 モビリティ戦略上席企画調整官 石川浩氏[インタビュー]
  • 【MaaS】概念もモデルも固まっていないうちは制度や仕組みの決め打ちはしない…国土交通省 モビリティサービス推進課長 重田裕彦氏[インタビュー] 画像 【MaaS】概念もモデルも固まっていないうちは制度や仕組みの決め打ちはしない…国土交通省 モビリティサービス推進課長 重田裕彦氏[インタビュー]
  • 豊田通商、スタートアップ企業に特化した投資会社を設立 アフリカでのMaaS・CASE事業を加速 画像 豊田通商、スタートアップ企業に特化した投資会社を設立 アフリカでのMaaS・CASE事業を加速

特集

おすすめのニュース