日産、完成検査不正の再発防止策の進捗を国交省に報告

日産自動車は、完成検査の不正問題に関する再発防止策の実施状況を国土交通省に報告した。4日、その内容を公表した。

前回5月17日の報告後、全数検査工程の作業観察の徹底を実施した。検査手順、時間、検出力、理解度の確認を織り込んだ「作業観察シート」を新たに作成、シートを使用した作業観察のトライアルを実施してきた。その後、現場からのフィードバックを踏まえて手順を一部見直した上、2019年6月末までに、この手順を明記した業務処理基準書を発行、7月以降、この業務処理基準書に基づいた作業観察を開始している。

前回報告までの実施済みの対策は87項目で、5月の報告以降に実施したのは2項目。計画済みで着手中の対策は4項目。

現時点で継続実施中の対策は「日産ウェイの改訂」「ミッション・ステートメントの改訂」「排出ガス測定において試験条件を逸脱したデータを自動的に無効化するシステムの導入」「抜取検査の計測自動化」があり、これらについては継続して取り組むとしている。

また、実施済みとなった対策についても実施状況のモニタリングと見直しを行い、事業環境の変化に合わせてアップデートを継続するとしている。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース