アウディ、新開発のデジタルOLEDテールライト発表へ…車と車がコミュニケーション

アウディの新開発デジタルOLEDテールライトのイメージ
  • アウディの新開発デジタルOLEDテールライトのイメージ
  • アウディの新開発デジタルOLEDテールライトのイメージ

アウディ(Audi)は、9月23日にドイツ・ダルムシュタットで開幕する「自動車照明に関する国際シンポジウム」(ISAL 2019)において、新開発のデジタルOLEDテクノロジーを初公開すると発表した。

アウディはOLED(有機発光ダイオード)技術を2016年、『TT RS』のテールライトで初めて実用化した。LEDなどの点光源とは異なり、OLEDは平面光源だ。それらの光は新しいレベルの均質性を達成し、調光は連続的に変化し、リフレクターやライトガイドなどの光学部品を必要としない。これにより、OLEDユニットは効率的かつ軽量に仕上がるという。

OLEDのもう1つの利点は、OLEDを小さく分割して、さまざまなレベルの輝度にエネルギーを与えることができることだ。アウディ車のOLEDテールライトは、帰宅時などに、アニメーションのように発光させることもできる。

ISAL 2019で初公開される予定の新開発のデジタルOLEDテクノロジーでは、新技術により、テールライトをカスタマイズ可能なデザインにできるのが特長だ。たとえば、OLED光源を、複数の個別に通電できるOLEDに分割できる。これにより、最大で50以上のOLEDの輝度を、連続的に調整できるという。

デジタルOLEDテールライトは、車と車のコミュニケーション手段としても機能する。たとえば、シンボルマークを表示して、ブラックアイスや渋滞などの情報を、他の車に迅速に警告できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデスベンツが次世代安全技術をフル搭載、ESF 2019 を公開…GLE 新型がベース 画像 メルセデスベンツが次世代安全技術をフル搭載、ESF 2019 を公開…GLE 新型がベース
  • オーテックモデル第4弾、日産 リーフ 発売へ ブルーに輝くシグネチャーLED採用 画像 オーテックモデル第4弾、日産 リーフ 発売へ ブルーに輝くシグネチャーLED採用
  • ロールスロイス、パステルカラーの「ブラックバッジ」発表…ペブルビーチ2019 画像 ロールスロイス、パステルカラーの「ブラックバッジ」発表…ペブルビーチ2019

特集

おすすめのニュース