ブリヂストン、JALが導入する最新旅客機A350に航空機用ラジアルタイヤを供給

ブリヂストンがA350に航空機用ラジアルタイヤを供給
  • ブリヂストンがA350に航空機用ラジアルタイヤを供給
  • A350-900

ブリヂストンは、JALが9月より順次就航するエアバス社の新型旅客機『A350』に航空機用ラジアルタイヤを供給する。

A350は、2013年6月に初飛行し、2014年に商業運航を開始したエアバス社の最新鋭旅客機。 JALは9月1日より羽田~福岡路線でA350(A350-900型機)の国内初導入を予定している。またJALのA350は、ボーイング社の『777』の後継機として国内線に順次導入され、その後国際線への導入が予定されている。

航空機用タイヤは、高荷重のもと高速度で離着陸を繰り返すという過酷な状況で使用されるため高い耐久性が求められるほか、燃費向上のためには軽量化も求められる。A350向けのタイヤは、ラジアル構造「RRR(トリプルアール:Revolutionarily Reinforced Radial)」を採用し、耐久性と軽量化を両立。ブリヂストンは、すべての機体に航空機用ラジアルタイヤを供給することで、JALが掲げる安全・安心な運航を足元から支えていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • エアバス最大・最新、A350-1000 が東京羽田に着陸 画像 エアバス最大・最新、A350-1000 が東京羽田に着陸
  • ANAハワイ路線に新導入のエアバス A380 型機、ミシュランラジアルタイヤを採用 画像 ANAハワイ路線に新導入のエアバス A380 型機、ミシュランラジアルタイヤを採用
  • 乗った? 総2階建てワイドボディ4発ジェット、エアバス『A380』が生産終了[詳細写真] 画像 乗った? 総2階建てワイドボディ4発ジェット、エアバス『A380』が生産終了[詳細写真]

特集

おすすめのニュース