2035年のEV市場予測、インド37万台・オランダ39万台 富士経済

スズキ ワゴンR ベースのプロトタイプEV(参考画像)
  • スズキ ワゴンR ベースのプロトタイプEV(参考画像)
  • インドのxEV市場
  • オランダのxEV市場

富士経済は、拡大を続けるxEV(EV、PHV、HV、48VマイルドHV、FCV)の世界市場について主要20か国を中心に調査。その結果を「xEV国別中長期市場予測 2019」にまとめた。

調査では、主要20か国(欧州8か国、米州2か国、中国、日本、インド、その他7か国)のxEV市場について普及政策や自動車メーカーの展開状況を踏まえ現状を把握し、将来を予測。今回はその中でも注目市場として、インドとオランダを紹介する。

インドでは、xEV市場の本格的な立ち上がりはまだみられず、2018年の市場はEVを中心に数千台にとどまった。HVも購入における優遇措置が打ち切られたため、2017年と比べて市場は縮小した。

しかし、政府は2020年の環境自動車の販売目標を600~700万台としており、加えて、道路交通省が2023年までにEV普及率を15%以上とする目標を表明するなど、国レベルで環境自動車普及に向けた積極的な取り組みがみられ、今後の市場拡大が期待される。また、政府によるEV生産販売促進プログラム「FAME」のフェーズ2が開始されたことで、充電ステーションの設置も進展。インドメーカーもEV事業への注力を強めており、市場はEVを中心に伸びるとみられ、2035年にはEVが37万台、PHVが4万台、HVが3万台になると予測する。

オランダの2018年xEV市場は5万台、そのうちEVは3万台にとどまっている。しかし、オランダ政府はEV普及に向けての施策を推進。2020年までに20万台、2025年までに100万台のEV普及台数目標が掲げられている。また、持続可能な社会を目指す官民パートナーシップに基づき、充電インフラの普及プロジェクトも推進。EVタクシーやEVバスの導入が進むアムステルダムやユトレヒトなどの主要都市では、EV購入に対する独自の優遇措置や車歴の古い内燃車に対する乗り入れ規制など、EV普及を後押しする政策がとられている。2021年以降、EV購入に関する優遇措置の拡大も計画されており、EV市場のさらなる伸びが期待される。

これらのことからオランダのxEV市場は2035年に2018年比9.0倍の45万台、そのうちEVは13.0倍の39万台になると予測している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 三井物産、インドの三輪EVライドシェアサービスに参画 15億円を出資 画像 三井物産、インドの三輪EVライドシェアサービスに参画 15億円を出資
  • スズキ ワゴンR のEV、実証テスト開始…2020年までに市販EVをインド投入へ 画像 スズキ ワゴンR のEV、実証テスト開始…2020年までに市販EVをインド投入へ
  • 三菱自動車など、オランダでV2Bの実証開始 PHEVとオフィスビルで電力を相互供給 画像 三菱自動車など、オランダでV2Bの実証開始 PHEVとオフィスビルで電力を相互供給

特集

おすすめのニュース