自動車初期品質調査、ダイハツがトップ JDパワー

ダイハツ・キャスト
  • ダイハツ・キャスト
  • ダイハツ・ミラトコット
  • トヨタ・アクア
  • 日産リーフ
  • ホンダ・ステップワゴン

J.D.パワージャパンは、2019年日本自動車初期品質調査の結果を発表した(8月21日)。

調査は新車購入後2~9カ月経過したユーザーを対象に8分野233項目でユーザーの不具合経験を聞いて分析した。

結果によるとモデル別では、ダイハツの『キャスト』と『ミラトコット』が過去最も不具合指摘の少ないモデルとなった。両モデルとも軽自動車セグメントで同率トップ。

コンパクトセグメントではトヨタ『アクア』、ミッドサイズセグメントは日産『リーフ』、ミニバンセグメントではホンダ『ステップワゴン』がそれぞれトップだった。

ブランド別ランキングで総合1位はダイハツ、ラグジュアリーブランドではレクサスだった。

総合不具合指摘件数は66PP100となり、前年の67PP100と同水準だった。セグメント別では、ミッドサイズセグメントのスコアが79PP100から75PP100に4ポイント改善した。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ダイレクト系自動車保険、事故対応の満足度向上が課題 JDパワー 画像 ダイレクト系自動車保険、事故対応の満足度向上が課題 JDパワー
  • 自動車保険契約者満足度、ソニー損保がダイレクト系トップ…JDパワー 画像 自動車保険契約者満足度、ソニー損保がダイレクト系トップ…JDパワー
  • クルマ選びを簡単に! 2万人のデータをスコア化…オートックワンとJDパワーが共同開発 画像 クルマ選びを簡単に! 2万人のデータをスコア化…オートックワンとJDパワーが共同開発
  • 大型トラック顧客満足度調査、アフターサービスへの評価が低下 JDパワー調査 画像 大型トラック顧客満足度調査、アフターサービスへの評価が低下 JDパワー調査

特集