復活のシボレー ブレイザー、今度は3列7人乗り「XL」発売へ!新開発の2Lターボ搭載か

シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)

かつて日本でも販売されていたシボレーのSUV『ブレイザー』が2018年に復活したばかりだが、今度は3列7人乗りとなるロングバージョンの発売が濃厚との情報をキャッチ。そのプロトタイプをSpyder7のカメラが初めて捉えた。

ブレイザーは、かつて90年代には日本にも導入されたクロスオーバーSUVだ。当時アウトドア人気に乗るも2002年には日本での販売が終了(後継はトレイルブレイザー)、2011年には米国でも販売終了となっていた。

そして2018年に満を持して新型ブレイザーが復活、フルサイズ『トラバース』と『エクイノックス』 の間を埋めるモデルとして登場した。これまでの無骨なフロントマスクと決別、角度のあるAピラーを持ち、薄くシャープなヘッドライトを装備するなど2ドアスポーツ『カマロ』を彷彿させるスポーティなフロントエンドへと進化している。

今回捉えたプロトタイプは、フルモデルチェンジ級の偽装が施されている。ロングバージョンでは、ベースモデルと同じデザインが常識だが、ブレイザーでは大掛かりなイメージチェンジが行われる可能性もある。またプラットフォームには「GM C1」を採用し、全長が5.5インチ(140mm)、ホイールベースが0.2インチ(4mm)延長され、車名には、『ブレイザー XL』が与えられる可能性が高いこともわかった。

新型ブレイザーのパワートレインは、最高出力193hp、最大トルク255Nmを発揮する2.5リットル直列4気筒エンジンと最高出力305hp、最大トルク365Nmを発揮する3.6リットルV型6気筒エンジンがラインアップされているが、この「XL」には最高出力240hpを発揮する新開発2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーガソリンエンジンの設定が予想されている。

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ フィット 新型に初のSUVタイプ登場か…デザインを予想 画像 ホンダ フィット 新型に初のSUVタイプ登場か…デザインを予想
  • BMW 4シリーズクーペ、開発車両がニュルに出現…“ミニ8シリーズ”となるか 画像 BMW 4シリーズクーペ、開発車両がニュルに出現…“ミニ8シリーズ”となるか
  • レクサス LC に「海苔」カラーが登場…欧米限定のシリーズ第4弾 画像 レクサス LC に「海苔」カラーが登場…欧米限定のシリーズ第4弾
  • ポルシェの極秘プロジェクト? 820馬力の「スーパー・パナメーラ」をスクープ! 画像 ポルシェの極秘プロジェクト? 820馬力の「スーパー・パナメーラ」をスクープ!

特集