世界の企業収益低迷、米中貿易摩擦が半導体や自動車など直撃[新聞ウォッチ]

世界の企業収益低迷、米中貿易摩擦が半導体や自動車など直撃[新聞ウォッチ]
  • 世界の企業収益低迷、米中貿易摩擦が半導体や自動車など直撃[新聞ウォッチ]
  • FCAジープBIKINI Editionの2台

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

先週末にはトヨタ自動車やホンダなどが決算説明会を行うなど、主要企業の2019年4~6月期の決算発表がピークを迎えているが、きょうの日経の1面トップ記事によると「世界の企業収益が低迷している」そうだ。

それによると、世界の主要企業の2019年4~6月期の純利益は、前年同期比2%減少。18年10~12月期以来、2四半期ぶりの減益となるという。地域別では5地域中、米国を除く4地域で減益。このうち、半導体メーカーの影響が大きい韓国や台湾を含むアジアが2割減益と振るわなかったようだ。

また、日本は7.3%減と3四半期連続の減益。日産自動車が9割減となったほか、日本電産やファナックも減益だったという。トヨタ自動車など今期の業績見通しを下方修正した社数は35社と上方修正の15社を大幅に上回っており、記事では「米中貿易戦争が半導体や自動車などを直撃。米国が対中制裁関税第4弾を決め、企業業績は再び厳しさを増しそうだ」とも伝えている。

2019年8月5日付

●ターコイズブルー初採用、FCAジャパン(毎日・8面)

●日本企業に課徴金8億円、韓国公取、談合で三菱重など4社(産経・2面)

●世界の企業収益、再び減、貿易摩擦アジア製造業直撃(日経・1面)

●円高に振れやすく、週明けの市場、米経済悪化懸念で(日経・3面)

●自動運転道路設備も賢く、信号→車支援情報を伝達(日経・9面)

《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

  • 【ジープ ビキニエディション】ビキニのように遊び心が大切 画像 【ジープ ビキニエディション】ビキニのように遊び心が大切
  • ITS無線路側機を東京臨海部で整備、自動運転の実現に向け 警察白書 画像 ITS無線路側機を東京臨海部で整備、自動運転の実現に向け 警察白書
  • 同業他社の苦戦を尻目に際立つトヨタの強さ…増収増益でもあおり続ける危機感 画像 同業他社の苦戦を尻目に際立つトヨタの強さ…増収増益でもあおり続ける危機感

特集