ジャガー・ランドローバー横浜サービスセンターが移転…最新CIを採用 8月1日オープン

ジャガー・ランドローバー横浜サービスセンター
  • ジャガー・ランドローバー横浜サービスセンター

ジャガー・ランドローバー・ジャパンの正規販売ディーラーネットワークである新東洋企業は、「ジャガー・ランドローバー横浜サービスセンター」を移転し、8月1日にグランドオープンする。

同サービスセンターは、これまでの横浜市神奈川区七島町から、約5km東の横浜市鶴見区下野谷町に移転する。首都高速神奈川1号横羽線が走る産業道路の近くとなり、JR鶴見駅から約1.5kmの場所に位置する。

新しい拠店は、サービスセンターとしては日本で初めてジャガー・ランドローバーがグローバルで展開している最新CIを採用。約1757平方mの広大な敷地には、1階(約1011平方m)に11ワークベイを完備した専用の整備フロアを、2階(約270平方m)にはオフィスエリアを、3階(約1013平方m)および屋上(約942平方m)には広々とした車両保管や駐車スペースを設けている。

スタッフ数は28名。専用工具や専用診断テスターを完備しているほか、豊富な専門知識と経験をいかし、クラシックカーから最新モデルまで、車検、点検、修理など幅広く対応する。さらに、ジャガー初のピュアEV『I-PACE』の整備にも対応した最新設備を備えている。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集