ウルトラ級クルーザーもどんと来い! 超大型簡易バイクガレージ、ドッペルギャンガーから

ストレージバイクガレージから、ウルトラ級クルーザーをはじめ大型バイクを格納できるXLサイズを発売
  • ストレージバイクガレージから、ウルトラ級クルーザーをはじめ大型バイクを格納できるXLサイズを発売
  • ストレージバイクガレージ DCC330XL-GY
  • ストレージバイクガレージ DCC330XL-GYのフルオープン時
  • 特別な工具不要、簡単組立で好評のストレージバイクガレージ
  • 夜間のメンテナンス作業時に明るさを確保できるよう、庫内に2つのランタンフック付き
  • コンプレッサーなど電源を必要とする工具のためのケーブルホールを配置
  • ストレージバイクガレージ DCC330XL-KH
  • ストレージバイクガレージ DCC330XL-KHのフルオープン時

ドッペルギャンガーは、自宅の玄関先や庭などに屋根付き駐輪スペースが簡単に作れる「ストレージバイクガレージ」に、大型バイクを格納できるXLサイズを追加し、7月18日より販売を開始した。

ストレージバイクガレージは、2017年4月の発売以来、特別な工具不要で設営できる簡便さや、コストパフォーマンスの良さで、多くのユーザーの支持を集めている。ドッペルギャンガーでは、先行発売したM/Lサイズの計画段階から「車種によってはバイクが入らない」事態を想定。十分なサイズとより良い仕様を持つXLサイズにすべく、2年の月日をかけて開発を進めた。

新製品は全長337cm。ウルトラ級クルーザーでも余裕のあるサイズ設計とした。ガレージ内には2つのランタンフックやケーブルホールも備え、昼夜を問わずメンテナンスを行うことができる。また、入り口部分にグロメットを設け、市販のテントポールでキャノピーのように入り口の生地を持ち上げられる機能を新たに追加。通気性の向上とともに、屋根として張り出すことで、より広い日陰スペースでの作業や整備を可能にしている。

このほか、ベンチレーションの増設や、入り口のオープン時に生地を巻きやすくするPEボードの設置、強風対策として地面との固定力を高めるストームロープ用ループの装備など、随所に工夫を盛り込み、簡易ガレージの理想形を追求している。

カラーはグレー×オレンジ(DCC330XL-GY)とカーキ(DCC330XL-KH)の2色を用意。税別参考価格は5万6000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 公道を走行できる折り畳み電動バイクに新色…ブレイズスマートEV 画像 公道を走行できる折り畳み電動バイクに新色…ブレイズスマートEV
  • 【バイク“名刀”対決】伝家の宝刀「スズキ カタナ」と、二刀流「ヤマハ ナイケン」を比較試乗 画像 【バイク“名刀”対決】伝家の宝刀「スズキ カタナ」と、二刀流「ヤマハ ナイケン」を比較試乗
  • 「ライダーの夢あきらめないで」自宅から北海道までバイク輸送、老舗が仕掛ける新戦略とは 画像 「ライダーの夢あきらめないで」自宅から北海道までバイク輸送、老舗が仕掛ける新戦略とは
  • 【鈴鹿8耐】ガソリンタンク型「バイクのり弁当」、今年は4メーカーコラボバージョン 画像 【鈴鹿8耐】ガソリンタンク型「バイクのり弁当」、今年は4メーカーコラボバージョン

特集