JR北海道に初の副駅名称…千歳線の2駅を皮切りに導入 8月1日から

副駅名称の設置イメージ。駅名標の下部に掲出する。
  • 副駅名称の設置イメージ。駅名標の下部に掲出する。

JR北海道は7月11日、同社としては初めてとなる副駅名称を千歳線の2駅に導入すると発表した。

新たな増収策として導入されるもので、1駅につき1名限定で設置。8月1日から千歳線の恵庭駅(恵庭市)と長都(おさつ)駅(千歳市)を皮切りに、順次、他の駅にも設置される予定。

恵庭駅の副駅名称は「北海道文教大学前」で、同大学を運営する学校法人鶴岡学園が、長都駅の副駅名称は「キリンビール北海道千歳工場前」で、同工場を運営するキリンビールがそれぞれ設置主となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 筑豊電鉄、副駅名のネーミングライツを実施 画像 筑豊電鉄、副駅名のネーミングライツを実施
  • 京急電鉄、横浜駅に副駅名称を導入…「そごう・ポルタ前」 画像 京急電鉄、横浜駅に副駅名称を導入…「そごう・ポルタ前」
  • 京王、副駅名標板を6駅に設置…付近の学校や施設名入り 画像 京王、副駅名標板を6駅に設置…付近の学校や施設名入り
  • 京王、南大沢駅に副駅名標板を設置…広告効果を検証 画像 京王、南大沢駅に副駅名標板を設置…広告効果を検証

特集

おすすめのニュース