トヨタ欧州販売が4年連続で増加、RAV4 は新型効果で25%増 2019年上半期

トヨタRAV4 新型(欧州仕様)
  • トヨタRAV4 新型(欧州仕様)
  • トヨタ・カローラ・ハッチバック新型(欧州仕様)
  • トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)
  • トヨタC-HR
  • トヨタ・アイゴ

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは7月10日、2019年上半期(1~6月)の新車販売の結果を公表した。総販売台数は57万8388台。前年同期比は3.3%増と、4年連続で前年実績を上回った。

全販売台数57万8388台のうち、トヨタブランドは53万7928台。前年同期比は3.2%増と、引き続き前年超えを達成している。

最量販モデルは、『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』に相当)。上半期は12万3266台を販売し、前年同期比は6.2%増と、2年連続で前年実績を上回った。クロスオーバー車の『C-HR』は上半期、7万8369台を売り上げ、前年同期比は0.8%増とプラスを維持した。

『カローラ』は上半期、6万9446台を売り上げ、前年同期に対して、およそ2.3倍と伸び、5年ぶりに回復。これは、『オーリス』の後継車として、『カローラハッチバック』(日本名:『カローラスポーツ』に相当)を投入した効果が大きい。

また、『RAV4』は上半期、7万2791台を売り上げた。前年同期比は25.3%増と、4年ぶりに増加する。新型を発売した効果が表れた。入門コンパクトカーの『アイゴ』は上半期、5万5693台を販売。前年同期比は8%増と、2年連続で前年実績を上回っている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集