ハーレー×レゴ、世界規模でのコラボ開始 第1弾「ファットボーイ」発売へ

ハーレーダビッドソンは、レゴと世界規模でのコラボレーションを開始。『ファットボーイ』のレゴクリエイターエキスパートモデルが8月1日より世界各国のレゴストアで発売される。

ハーレーとレゴが共同開発したファットボーイは、1023個のレゴブロックで構成。ミルウォーキーエイトエンジンをはじめ、2019年モデルに採用されているウィキッドレッドカラーのティアドロップタンク、ソリッドディスクホイール、スピードメーター、デュアルエキゾーストパイプなどを備えている。完成モデルは高さ20×幅18×長さ33cmで、複数の可動部分も備える。

またコラボレーションを記念してレゴマスタービルダーズ(レゴ職人)は、世界でひとつだけの等身大「ファットボーイ」レゴモデルを作成した。同モデルは6000個の特殊パーツを含む6万9569個のレゴブロックで構成。銀コーティングやWi-Fiアニメーションコントロール、サウンドおよびライトエフェクトなどを備える。構築に865時間を要した同作は、世界の一部レゴストアやハーレーのイベントで展示される予定だ。

なお、日本国内におけるハーレーとレゴのコラボレーションについては現在計画中。決定次第、公式WEBサイト等でアナウンスする。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース