2018年7月豪雨による高速道路の通行規制がすべて解除に

被災(2018年7月7日)
  • 被災(2018年7月7日)
  • 復旧状況(2019年6月28日)
  • 平成30年7月豪雨により被災した高知自動車道の4車線での通行確保について

国土交通省は、2018年7月の西日本豪雨で被災したことから実施していた高速道路の規制を1年かけてすべて解除したと発表した。

2019年7月豪雨による土砂崩落に伴って高知自動車道の新宮IC(インターチェンジ)~大豊IC間の上り線の立川橋上部工が流出した箇所で、4車線を上下それぞれ1車線に規制しながら復旧工事を進めていた。

工事が順調に進んだことから、7月8日朝に上下線各2車線の4車線に復旧する。これによって2018年7月豪雨による高速道路の規制はすべて解除となる。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集