BMWとダイムラー、自動運転技術の共同開発で戦略的提携を締結

BMWとダイムラー(メルセデスベンツ)の自動運転コンセプトカー
  • BMWとダイムラー(メルセデスベンツ)の自動運転コンセプトカー

BMWグループ(BMW Group)とダイムラー(Daimler)は7月4日、自動運転技術の共同開発に関して、長期的な戦略的提携を締結した、と発表した。

BMWグループとダイムラーの自動運転技術の共同開発では、第一段階として、ドライバー・アシスタント・システム、高速道路での自動運転、自動駐車機能の次世代技術の開発(それぞれSAEレベル4まで)を進める。早ければ2020年代半ばころまでに、次世代技術を広く普及させることを目指す。

BMWグループとダイムラーは、個々のパートナーの能力と経験、さらにスケーラブルアーキテクチャーの導入によって、次世代技術の開発が促進されることを見込む。シナジー効果だけでなく、新しいテクノロジーをより迅速に顧客に届け、開発サイクルの短縮化を実現することを想定している。

両社の共同開発には、レベル4に至るまでの複数の自動化段階をカバーするスケーラブルアーキテクチャーが含まれている。レベル3および4の技術は欧州や米国のほか、中国でも高速道路での自動運転が可能になる予定だ。さらに両社は、将来的に高速道路や都市部、市街地でのより高度な自動運転にも協力範囲を拡張するために、協議している。

BMWグループとダイムラーは、自動運転プラットフォームの成功に寄与する可能性のあるテクノロジー企業や自動車メーカーと、さらなるパートナーシップを模索する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集