大雨で土砂流出のJR九州吉都線でバス代行 7月8日から延べ9日間運行

吉都線(資料画像)
  • 吉都線(資料画像)

JR九州は7月4日、大雨のため運行見合せが続いている吉都(きっと)線でバス代行輸送を実施すると発表した。

都城駅(宮崎県都城市)と吉松駅(鹿児島県湧水町)を結ぶ吉都線は、6月30日以来の大雨により小林~西小林間で土砂流出が発生しており、復旧までに相当の期間を要するとされている。

バス代行輸送は7月8~12・16~19日に吉都線全線で実施され、各駅には駅前広場に停車するが、東高崎・日向前田・広原・えびの上江・鶴丸の各駅は、駅から100~800m離れた位置に停留場が設けられる。

なお、代行バスは定員制で、時刻は後日発表となる。また、7月20日以降の運行については、復旧作業の進捗を見て、実施する場合に発表される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 九州南部の鉄道、運行見合せが拡大…九州新幹線や鹿児島市電も一部ストップ 6月30日以来の大雨 画像 九州南部の鉄道、運行見合せが拡大…九州新幹線や鹿児島市電も一部ストップ 6月30日以来の大雨
  • JR九州の南部で運行見合せが続出…6月30日以来の大雨で被害 画像 JR九州の南部で運行見合せが続出…6月30日以来の大雨で被害
  • 平成30年7月豪雨---状況[7月13日まとめ] 画像 平成30年7月豪雨---状況[7月13日まとめ]

特集

おすすめのニュース