羽越本線の新観光列車『海里』…新潟・庄内地方の食と景観をテーマに 10月5日から運行

10月5日にデビューするJR東日本新潟支社の新観光列車「海里(KAIRI)」。車体は、新潟の新たな風景を意識して、夕日と新雪のダイナミックな融合をグラデーションで表わす。
  • 10月5日にデビューするJR東日本新潟支社の新観光列車「海里(KAIRI)」。車体は、新潟の新たな風景を意識して、夕日と新雪のダイナミックな融合をグラデーションで表わす。
  • 左が2人掛けのリクライニングシートが並ぶ1号車、右が4人掛けのコンパートメント席が配置される2号車のイメージ。1号車の座席は窓側に向けることも可能。コンパートメント席は足を伸ばして風景を楽しめるよう、座席をフルフラット状態にすることができる。
  • 左がフリースペースの3号車に設置されるカウンター、右がダイニング車のイメージ。ダイニング車では、往路の酒田行きで100年以上の歴史を持つ格式のある新潟の3つの料亭が日本料理を提供。復路の新潟行きでは庄内地方の「在来作物」にこだわったイタリアンが提供される。
  • 『海里』のレイアウト。2号車は寝台車のような側廊下式となる。
  • 側面のイメージ。4両編成で酒田方が1号車となる。
  • 乗務員や車内アテンダント、アンバサダーはオリジナルの制服で対応する。
  • 「水引をモチーフに雪の結晶」を表現したという『海里』のロゴ。

JR東日本新潟支社は6月27日、羽越本線の新しい観光列車『海里(KAIRI)』の運行開始日を10月5日に決定したと発表した。

『海里』は、ディーゼルハイブリッド車両「HB-E300系」による、「新潟の食」「庄内の食」「日本海の景観」をコンセプトにした列車で、新潟県や庄内地方の豊かな「海」や「里」にちなんだ食事や景観を楽しめる。

運行区間は新潟~酒田間で、10~12月は金・土休日を中心に運行。時刻は新潟10時12分頃発~酒田13時19分頃着・15時02分頃発~新潟18時31分頃着。途中の桑川~越後寒川間では、日本海名物「笹川流れ」を楽しめるよう減速する。

『海里』は4両編成で、4号車のダイニング車は食事がセットになった旅行商品として利用。リクライニングシートとなっている1号車とコンパートメント席となっている2号車は食事なしで利用できる。また売店・イベントスペースとなっている3号車では車内販売が行なわれる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • JR東日本のレストラン列車が三陸鉄道リアス線へ…『TOHOKU EMOTION SPECIAL』を6月に運行 画像 JR東日本のレストラン列車が三陸鉄道リアス線へ…『TOHOKU EMOTION SPECIAL』を6月に運行
  • 筑後地方の食を楽しむ西鉄の観光列車は3月23日にデビュー…ランチとディナーで西鉄福岡-大牟田間を1往復 画像 筑後地方の食を楽しむ西鉄の観光列車は3月23日にデビュー…ランチとディナーで西鉄福岡-大牟田間を1往復
  • JR東日本に新潟・庄内の食と景観を楽しむ新観光列車…ハイブリッド車の『海里』 2019年10月から運行 画像 JR東日本に新潟・庄内の食と景観を楽しむ新観光列車…ハイブリッド車の『海里』 2019年10月から運行
  • レストランにもなる観光列車…長良川鉄道「川風」 2018年4月デビュー 画像 レストランにもなる観光列車…長良川鉄道「川風」 2018年4月デビュー

特集