ボルボグループ、エヌビディアと戦略的提携…自動運転トラック向けAIプラットフォーム共同開発へ

戦略的提携を結んだボルボグループとエヌビディアの両首脳
  • 戦略的提携を結んだボルボグループとエヌビディアの両首脳
  • ボルボグループの主要ラインナップと自動運転の研究開発車両

ボルボグループ(Volvo Group)は6月18日、エヌビディア(NVIDIA)と戦略的提携を結び、自動運転トラック向けのAIプラットフォームを共同開発すると発表した。

ボルボグループでは、公共輸送、貨物輸送、廃棄物処理とリサイクル収集、建設、鉱業、林業などの幅広い分野に、エヌビディアの技術を搭載する自動運転トラックを導入していく。

ボルボグループとエヌビディアは、車載AIコンピューティングのための「DRIVE AGX Pegasus」プラットフォームを構築。全方位センサーの処理、認識、マップでの自己位置推定および経路計画のために、「DRIVE AV」ソフトウェアスタックを活用する予定だ。

さらに両社は、ループ内部にハードウェアを備えたエヌビディアの「DRIVE hardware-in-the-loop」シミュレーションプラットフォームを使って、これらのシステムのテストおよび検証を行う。

両社は、スウェーデンのイェーテボリと米国カリフォルニア州シリコンバレーに、エンジニアリングチームを共同配置。柔軟でスケーラブルな自動運転システムの開発に焦点を合わせる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース