アルファロメオ、ブラインドサッカー男子日本代表を支援

FCAジャパンが日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップ契約を締結
  • FCAジャパンが日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップ契約を締結

FCAジャパンは6月13日、日本ブラインドサッカー協会(JBFA)とパートナーシップ契約を締結し、ブラインドサッカー男子日本代表を支援すると発表した。「アルファロメオ」ブランドで支援を展開する。

ブラインドサッカーとは、視覚障がい者と健常者が力を合わせてプレイするスポーツとして、パラリンピック正式種目にもなっている。JBFAは、「障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会の実現」をビジョンに掲げ、ブラインドサッカーを通じたさまざまな活動を行っている。

2024年にブラインドサッカーで世界一になることを目標に、2020年東京パラリンピックではメダル獲得を目指すほか、ブラインドサッカーを活用した、子ども向け出張授業や企業研修などを通じて、ダイバーシティの啓発に向けた普及活動も行なっていく。

FCAジャパンでは、2011年よりJBFAを支援しており、ブラインドサッカーのクラブチーム選手権や、視覚障がい児を対象とした活動などをサポートし、ブラインドサッカー女子日本代表の支援を行っている。今回、その支援を拡大し、2019年4月より男子日本代表のサポートを行い、両チームのさらなる発展に寄与するとともに、多様な個性を持った人がハンディキャップを超えて活躍できる社会の実現を促進する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集