『サウンド調整術入門』クロスオーバー…ツイーターとミッドウーファーの間 その4

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
“ロックフォード・フォズゲート”のチューニングアプリでの、ミッドウーファーの“ローパスフィルター”の設定画面。
  • “ロックフォード・フォズゲート”のチューニングアプリでの、ミッドウーファーの“ローパスフィルター”の設定画面。
  • “ロックフォード・フォズゲート”のチューニングアプリでの、ツイーターの“ハイパスフィルター”の設定画面。
カーオーディオを趣味とするとき、サウンドチューニングにも興味を持つと楽しみの幅が一層広がる。そのガイドとなる情報を網羅しようと当連載をお贈りしている。現在は「クロスオーバー」に関する解説をお届けしている。

今回は、「ツイーターとミッドウーファー間の“クロスポイント”設定における応用ワザを紹介する。

最初に、“クロスポイント”という言葉の意味をおさらいしておこう。“クロスポイント”とは、「クロスオーバー調整」を行う際の、“帯域分割の境目”を指す言葉だ。なので例えば、「ツイーターとミッドウーファー間の“クロスポイント”は4kHzに設定した」と言ったときには、ツイーターの“ハイパス(ローカット)”の“カットオフ周波数”も、ミッドウーファーの“ローパス(ハイカット)”の“カットオフ周波数”も、同じく4kHzに設定されていることとなる。

つまり、“クロスポイント”の値とツイーターとミッドウーファーそれぞれの“カットオフ周波数”の値は、すべてが同一となるのが基本形、なのだが…。

しかし、“カットオフ周波数”を追い越すように設定したり、逆に、引き離すように設定するのもアリだ。

例えば、ミニバンのような車格の大きなクルマの場合、ツイーターとミッドウーファーの位置が大きく離れることとなるので、この場合には得てして“クロスポイント”付近の音が“中ヌケ”したりする。そんなときには例えば、ツイーターの“カットオフ周波数”は4kHzのままとしつつもミッドウーファーの“カットオフ周波数”を4.5kHzに設定してみると、中ヌケ現象を緩和できたりする。

逆のケースも有り得る。“クロスポイント”付近の音が厚くなり過ぎたとき、それを解消すべく“スロープ”を急峻にしたとする。しかしそうすると今度は“位相”が上手く合わなくなった…。そんなときには“カットオフ周波数”を離す方向で設定してみるとすべてが上手くいったりする。

例えば、ツイーター側の“カットオフ周波数”は4kHzのままにしておき、ミッドウーファー側の“カットオフ周波数”を3.5kHzにしてみる。このようにすることで帯域バランスも繋がりもナチュラルになればこっちのものだ。

“クロスポイント”を追い越したり離したりする作戦は案外使える。試してみよう。

今回はここまでとさせていただく。次回も「ツイーターとミッドウーファー間のクロスオーバー調整」についての解説を続行する。お楽しみに。

『サウンド調整術』入門! 第3章「クロスオーバー」の調整方法 その8 ツイーターとミッドウーファー間の調整 lV

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

  • 『サウンド調整術入門』クロスオーバー…ツイーターとミッドウーファーの間 その3 画像 『サウンド調整術入門』クロスオーバー…ツイーターとミッドウーファーの間 その3
  • プロが伝授するサウンドチューニング「基本と応用」…クロスオーバーの詳細設定 画像 プロが伝授するサウンドチューニング「基本と応用」…クロスオーバーの詳細設定
  • 初めてのスピーカー交換、全部教えます…ツイーターはどう付ける? 画像 初めてのスピーカー交換、全部教えます…ツイーターはどう付ける?
  • [取り付け方で音が変わる?]ドアスピーカー…効果的な貼り方 画像 [取り付け方で音が変わる?]ドアスピーカー…効果的な貼り方

特集