ジュリア2.0ターボ スーパー、スタイリング強化の限定車発売 ベース車より13万円安

アルファロメオ ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション
  • アルファロメオ ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション
  • カーボンエクステリアミラーハウジング
  • 19インチダブルスポークタイプアルミ
  • アルファロメオ ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション
  • アルファロメオ ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション

FCAジャパンは、アルファロメオ『ジュリア』に特別仕様車「モノクロームエディション」を設定し、5月22日より50台限定で発売する。

ベース車両は、最高出力200psを発生する2リットル直4ターボを搭載する「ジュリア2.0ターボ・スーパー」。ステアリングヒーターやプレミアムレザーシート、8ウェイパワーシート、アダプティブクルーズコントロールなど、充実した装備が特徴だ。モノクロームエディションは、ベース車の高い快適性に、エレガントでスポーティなエクステリアを融合した付加価値の高いモデルに仕上がっている。

エクステリアには、カーボンエクステリアミラーハウジングを採用したほか、通常は18インチとなるアルミホイールを19インチのダブルスポークタイプへと変更し、視覚的な低重心感を強調。またETC車載器を特別装備している。

ボディカラーは、アルファブラック(インテリアカラー:ブラック/ベージュ)とアルファホワイト(インテリアカラー:ブラック)の2色で各25台限定。価格はベース車よりも13万円安い530万円と設定している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集