ZF、自動車業界初のソリッドステートLiDAR開発へ…2021年までの実用化目指す

ZFが開発する自動車業界初のソリッドステートLiDARシステムのイメージ
  • ZFが開発する自動車業界初のソリッドステートLiDARシステムのイメージ
  • ZFの自動運転システム「コパイロット」を搭載したジャガーI-PACEのデモ車両(参考画像)
  • ZFの自動運転向けAI対応スーパーコンピューター、「ZF ProAI RoboThink」(参考画像)

ZFは5月20日、自動運転向けセンサー「LiDAR」(ライダー)の共同研究開発で2社と提携し、2021年までに実用化すると発表した。

ZFが提携を結んだのは、センサーソリューションの世界的大手サプライヤーのamsと、ドイツのスペシャリストのイベコ・オートモーティブシステムズだ。

ZFはこの提携を通じて、自動運転やその他のアプリケーションで使用するために必要な自動車業界初のソリッドステートLiDARシステムの研究開発を推進していく。2021年までの実用化を目指す。

LiDARは、車両の周囲の物体にレーザー光線を照射し、物体の反射を検出することによって、物体の距離と方向を測定する光センシング技術だ。 そのレンジと解像度がレーダーとカメラを補完し、レベル5など高度な自動運転に欠かせない技術となっている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集