コンチネンタル、自動運転やコネクティビティ分野の製品を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2019

EV、ハイブリッド車向けコンポーネント のイメージ
  • EV、ハイブリッド車向けコンポーネント のイメージ
  • センサーが車両周囲に対して広く精細な視野を確保
  • 5G、V2X技術を1つのユニットに統合

コンチネンタルは、5月22日から24日まで、パシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展すると発表した。自動運転、効率化、コネクティビティ分野における最新のソリューションを紹介する。

コネクテッド領域では、同一のハードウェアとソフトウェアプラットフォームで両方の通信規格を満たすことが可能で、V2X通信をグローバルに適用する際、コストや、煩雑性を軽減できる新しいハイブリッドV2Xソリューションを紹介する。

また、最新の統合コックピットシステムで、大型ユーザー・インターフェースにおける進化を紹介する。包括的に統合されたシステムは、複数のディスプレイとカメラに、インテリジェントでモーフィング・サーフェス、アクティブな触覚フィードバックをシームレスに統合する。

自動運転の実現の鍵となるコンポーネントである高解像度3Dフラッシュライダーも紹介する。視野内の全ピクセルについてリアルタイムで正確な距離を測定、車両の運転ストラテジーを決定するために必要な物体リストを生成する。

さまざまな車両コンセプトに適応可能な電動アクスル・ドライブも紹介する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集