大型観光バス いすゞガーラ と 日野セレガ、 NOxセンサ不具合でリコール

いすゞ ガーラ(2018年)
  • いすゞ ガーラ(2018年)
  • 改善箇所

いすゞ自動車と日野自動車は5月16日、大型観光バス『いすゞガーラ』と『日野セレガ』の排出ガス発散防止装置(NOxセンサ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年7月18日から2019年4月5日に製造された413台。

大型観光バスの排出ガス発散防止装置にて、NOxセンサ用配線の接続指示が不適切なため、触媒前後の配線が逆接続されている。そのため、排出ガス発散防止装置が正しく作動せず、排出ガスが保安基準を満足しないおそれがある。

改善措置として、全車両、NOxセンサ用配線を修正する。

不具合および事故は起きていない。日野自動車の社内情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集