北海道新幹線でも最高320km/hへ…JR北海道が新函館北斗以北の高速化を要請

東北新幹線と北海道新幹線の境界駅である新青森駅に並ぶ東京行きと新函館北斗行きの『はやぶさ』。
  • 東北新幹線と北海道新幹線の境界駅である新青森駅に並ぶ東京行きと新函館北斗行きの『はやぶさ』。
  • トンネル抗口の緩衝工と防音壁の位置。緩衝工は、列車のトンネル突入時に発生する微気圧波を低減させる設備。微気圧波が大きいと周辺の家屋を揺らすなどの影響を与えることが懸念されるが、車両形状を工夫するだけでは限界があるため、地上部にもこのような設備が必要となる。

JR北海道は5月15日、北海道新幹線新函館北斗~札幌間約212kmの高速化を5月13日に国土交通省へ要請したことを明らかにした。

現在、北海道新幹線は、一部の列車を除いて東北新幹線と直通運転を行なっているが、盛岡~新函館北斗間は整備新幹線区間であるため、法令により最高速度が260km/hに制限されている。

しかし、2030年度末の開業に向けて工事が進められている新函館北斗~札幌間の開業に向けては、現行の最高速度では東京~札幌間の到達時間が5時間を超えることが見込まれるため、航空機との対抗上、整備新幹線区間でも260km/h以上の高速化は必須となる。すでにJR東日本では、そのことを睨んだ360km/h運転可能な試作車E956形「ALFA-X」が落成しているほか、盛岡~新青森間の最高速度を320km/hとする方針が固められている。

JR北海道でも新函館北斗~札幌間での最高320km/hを目指すことになり、トンネル区間の約170kmでは約30か所のトンネル坑口に設置される緩衝工を延長。トンネル区間以外の約42kmについては、約30km部分で防音壁を嵩上げし、それに伴なう高架橋の強度を上げる工事が必要としている。

要する工費は約120億円と見込まれているが、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が主体となって進められている建設工事との差額はJR北海道が負担するとしている。

この320km/h化が実現すれば、北海道新幹線は当初の見込みより5分程度の短縮が図られることになり、JR北海道では「今後、建設主体である鉄道・運輸機構と時速320km化の実施に向けて調整を行ってまいります」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集