伊豆エリア向け新型観光特急は『サフィール踊り子』…宝石のサファイアをイメージ 2020年春運行開始

各車の側面上部に天窓を設けて眺望性を向上させた『サフィール踊り子』用E261系のイメージ。トータルデザインはクルーズトレイン「トランスイート四季島」などを手がけた工業デザイナー・奥山清行氏が代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当。
  • 各車の側面上部に天窓を設けて眺望性を向上させた『サフィール踊り子』用E261系のイメージ。トータルデザインはクルーズトレイン「トランスイート四季島」などを手がけた工業デザイナー・奥山清行氏が代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当。
  • E261系は8両編成2本が新造される。最高級の「プレミアムグリーン車」は伊豆急下田方の1号車に充てられる。
  • E261系の座席配置。定員は8両で164人。
  • 1号車「プレミアムグリーン車」のイメージ。座席配置は1+1列で、シートピッチは1250mm。片側通路式となり、眺望性を確保するため、荷物収納スペースは座席下に設置される。
  • 2・3号車「グリーン個室」のイメージ。落ち着いて過ごせるカフェをイメージしたもので、4人用と6人用がある。
  • 4号車「ヌードルバー」のイメージ。こだわりの麺料理を目の前で調理し提供するオープンキッチンスタイルを採用。カウンター席とボックス席があり、カウンター席では相模湾を眺めながら食事ができる。
  • 5~8号車「グリーン車」のイメージ。座席配置は2+1列で、シートピッチは1160mm。
  • 宝石の「サファイア」をフランス語読みしたものが名称となった『サフィール踊り子』の車体ロゴ。

JR東日本は5月8日、2020年春に東京・新宿~伊豆急下田間で運行を開始する予定としている、新しい伊豆エリアへの観光特急の名称を『サフィール踊り子』に決定したと発表した。

この名称は英語の「サファイヤ」がフランス語では「サフィール」と呼ばれることが由来で、「宝石のサファイヤのような青く輝く美しい伊豆の海と空をイメージさせ、上質・高級で優雅な旅を楽しんでもらいたいという願い」を込めたという。

『サフィール踊り子』の運行に際しては、「大人のIZU 本物のIZU」をコンセプトとしたE261系8両編成2本が新造されることになっており、1号車は座席配置が1+1列となる「プレミアムグリーン車」、2・3号車は「グリーン個室」、4号車は「ヌードルバー」、5~8号車は座席配置が2+1列となる「グリーン車」となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 座席はすべて天窓付きのグリーン席…伊豆の魅力を発信する観光列車 2020年春から運行へ 画像 座席はすべて天窓付きのグリーン席…伊豆の魅力を発信する観光列車 2020年春から運行へ
  • 【夏休み】「ロイヤル」観光列車が伊豆急線内のみで特別運行…料理監修者も同乗 画像 【夏休み】「ロイヤル」観光列車が伊豆急線内のみで特別運行…料理監修者も同乗
  • 伊豆急行の「水戸岡」観光列車、横浜~下田間で運転 2017年7月から 画像 伊豆急行の「水戸岡」観光列車、横浜~下田間で運転 2017年7月から
  • 箱根に新型海賊船“芦ノ湖の女王”が就航---楽しくなきゃ 画像 箱根に新型海賊船“芦ノ湖の女王”が就航---楽しくなきゃ

特集