【F1 アゼルバイジャンGP】ボッタスがポールトゥウィン、メルセデスが開幕から4戦連続のワンツーフィニッシュ

F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP

F1第4戦アゼルバイジャンGPの決勝レースが28日、アゼルバイジャン共和国の首都バクー市街地コースで行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がポールトゥウィンで今季2勝目を挙げた。

ポールポジションのバルテリ・ボッタス(メルセデス)と、2番グリッドのルイス・ハミルトン(メルセデス)がスタート直後にサイドバイサイドでの激しいバトルを繰り広げ、結果ボッタスが抜け出しトップをキープ。その後ハミルトンとの差を広げ独走態勢を築く場面もあったが、レース終了間際にハミルトンが肉薄。2人はファステストラップを記録しながらの攻防を繰り広げた。最終的にボッタスはハミルトンの追撃を振り切りポールトゥウィン。今季2勝目を挙げ、ドライバーズランキングもトップに躍り出た。ハミルトンが2位で、メルセデスは今季開幕から4戦連続でのワンツーフィニッシュとなった。

3位はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、4位はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)。予選Q2のクラッシュから9番手スタートとなったシャルル・ルクレール(フェラーリ)が5位でチェッカーを受けた。

ペナルティでピットレーンからのスタートとなったピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)は、一気に順位を上げて一時6位を走行したが、トラブルでリタイヤとなった。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、コースオフから復帰する途中に、同じくコースオフから復帰しようとしていたマシンにぶつけられ、それが原因で不運なリタイヤとなった。同じくトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、入賞まであと一歩の11位でフィニッシュした。

■F1アゼルバイジャンGP 決勝結果
1. バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
3. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
4. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
5. シャルル・ルクレール(フェラーリ)
6. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
7. カルロス・サインツ(マクラーレン)
8. ランド・ノリス(マクラーレン)
9. ランス・ストロール(レーシングポイント)
10. キミ・ライコネン(アルファロメオ)
11. アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
12. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
13. ケビン・マグヌッセン(ハース)
14. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
15. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
16. ロバート・クビサ(ウィリアムズ)
以上完走

-- ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
-- ロマン・グロージャン(ハース)
-- ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
-- ダニエル・リカルド(ルノー)

《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

特集