衝突被害軽減ブレーキ性能の審査で152型式を認定 国交省

衝突被害軽減ブレーキ認定を受けたモデルの例:スズキ・アルト
  • 衝突被害軽減ブレーキ認定を受けたモデルの例:スズキ・アルト
  • 衝突被害軽減ブレーキ認定を受けたモデル
  • 衝突被害軽減ブレーキのロゴマーク

国土交通省は4月23日、乗用車に搭載された衝突被害軽減ブレーキの認定結果を公表した。

認定を受けた自動車の情報は、国土交通省のホームページで公表するほか、自動車メーカーが衝突被害軽減ブレーキの普及促進のための広報活動に活用し、官民連携による普及促進を図る。

国土交通省では、自動車メーカーの求めに応じ、乗用車の衝突被害軽減ブレーキが一定の性能を持っていることを国が認定する制度を2018年3月に創設した。今回、2018年中に申請のあった自動車について認定審査が終了し、その結果を公表した。

今回は国内メーカー8社から申請のあった152の型式について、衝突被害軽減ブレーキが一定の性能を持っていることを認定した。

性能は静止している前方車両に対して50km/hで接近した際、衝突被害軽減ブレーキによる制動制御によって衝突しないまたは衝突時の速度が20km/h以下となること。20km/hで同一方向に走行する前方車両に対して50km/hで接近した際、衝突被害軽減ブレーキによる制動制御によって衝突しないこととする。

さらに、これら衝突被害軽減ブレーキによる制動制御の少なくとも0.8秒前までに、衝突のおそれがある前方車両の存在を運転者に知らせるための警報が作動すること。

一方、今回の発表にあわせて自動車メーカーが衝突被害軽減ブレーキの普及促進のための広報活動で活用できるロゴマークも作成した。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ビデオ公開…衝突被害軽減ブレーキは事故を回避できない?! 国交省 画像 ビデオ公開…衝突被害軽減ブレーキは事故を回避できない?! 国交省
  • 日産の11車種、国交省の「衝突被害軽減ブレーキの性能認定」を取得 画像 日産の11車種、国交省の「衝突被害軽減ブレーキの性能認定」を取得
  • マツダ キャロル、歩行者検知対応の衝突被害軽減ブレーキなど安全性能を強化 画像 マツダ キャロル、歩行者検知対応の衝突被害軽減ブレーキなど安全性能を強化
  • 世界初、子ども用電気レーシングカートでスケートリンクを走行 5月18日 画像 世界初、子ども用電気レーシングカートでスケートリンクを走行 5月18日

特集