JR東日本のトロッコ列車、宗谷本線に乗入れ 7月27日から、9月までの15日間運行

7月27日、宗谷本線に初登場するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。全車指定席で運行される。
  • 7月27日、宗谷本線に初登場するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。全車指定席で運行される。
  • 『風っこ そうや』は、JR東日本の「びゅうコースター風っこ」がJR北海道のキハ40形「北海道の恵み」シリーズに挟まれるように運行される。

JR北海道は4月19日、宗谷本線で運行するトロッコ列車『風っこ そうや』の運行計画を明らかにした。

この列車はJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」を借り受けて運行するもので、7月27・28日、8月3・4・10~12日には稚内~音威子府(おといねっぷ)間を、8月17・18・24・25・31日、9月1・7・8日には旭川~音威子府間を、各日1往復する。

時刻は稚内~音威子府間の『風っこ そうや2・1号』が稚内7時55分発~音威子府12時02分着・13時22分発~稚内16時55分着。旭川~音威子府間の『風っこ そうや3・4号』が旭川7時18分発~名寄11時発~音威子府12時26分着・13時発~名寄14時44分発~旭川17時43分着。

『風っこ そうや』の運行は、JR北海道の経営改善を視野に他の鉄道事業者の観光列車を北海道内で運行する取組みの一環として行なわれるもので、2020年5~8月には横浜~伊豆急下田間で運行されている東京急行電鉄の観光列車『THE ROYAL EXPRESS』が、札幌~道東エリア間で運行される予定となっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集