VWグループが電動化の新戦略、全世界2200万台のEVの5割以上を中国で生産へ…上海モーターショー2019

フォルクスワーゲングループの電動化に向けた新戦略を発表するヘルベルト・ディースCEO(上海モーターショー2019)
  • フォルクスワーゲングループの電動化に向けた新戦略を発表するヘルベルト・ディースCEO(上海モーターショー2019)
  • フォルクスワーゲンの電動SUVコンセプト、ID. ROOMZZ(上海モーターショー2019)
  • フォルクスワーゲンの電動SUVコンセプト、ID. ROOMZZ(上海モーターショー2019)

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、電動化に向けた新戦略を発表した。

フォルクスワーゲングループは電動化戦略を加速させ、2028年までに全世界で2200万台のEVを生産する計画だ。2200万台のうちの半分以上にあたる1160万台のEVを、中国で生産することを目指す。

そのため、2019年は新しいエネルギーで駆動されるモデル(NEV)の導入を強化する予定だ。EVやプラグインハイブリッド車(PHV)のNEVは、中国政府が普及を後押している。フォルクスワーゲングループは2019年、ラインナップ全体の電動化を進め、14のNEVモデルを導入する。

さらに2020年には、次世代電動車の「MEB」プラットフォームをベースにした2車種を、初めて投入する。2021年には、上海モーターショー2019で初公開したコンセプトカー、『ID. ROOMZZ』の市販バージョンも発売する。

フォルクスワーゲングループは、中国の3つの合弁事業のFAWフォルクスワーゲン、SAICフォルクスワーゲン、JACフォルクスワーゲンにおいて、EVの現地生産を加速させる。すでに、SAICフォルクスワーゲンとFAWフォルクスワーゲンでは、MEBプラットフォーム車生産に向けた工場の建設に着手した。

これらの2つの工場が2020年に稼働すれば、フォルクスワーゲンの中国におけるEVの生産能力は、年間60万台上乗せされることになる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集