マツダ CX-5 に2019年型、北米初のディーゼル仕様を設定…ニューヨークモーターショー2019で発表へ

マツダ CX-5 の2019年モデル
  • マツダ CX-5 の2019年モデル

マツダの米国部門は4月17日、米国で日本時間4月18日未明に開幕するニューヨークモーターショー2019において、『CX-5』(Mazda CX-5)の2019年モデルを初公開すると発表した。

北米向けのCX-5は現在、2.5リットル直列4気筒ガソリン「SKYACTIV-G 2.5」(最大出力187hp、最大トルク25.6kgm)とターボの「SKYACTIV-G 2.5T」(最大出力250hp、最大トルク42.78kgm)搭載車をラインアップ。日本仕様に用意される2.0リットル直列4気筒ガソリンは、設定されていない。

また、日本では選択できる2.2リットル直列4気筒ターボディーゼル「SKYACTIV-D 2.2」も未設定。ニューヨークモーターショー2019で初公開されるCX-5の2019年モデルでは、このSKYACTIV-D 2.2搭載車が、北米市場向けに初設定される。

SKYACTIV-D 2.2は、ドライビングプレジャー、トルク、燃費などのバランスに優れるディーゼルエンジン。北米では、燃費志向のドライバーや重い荷物を運ぶ機会の多いドライバーをターゲットにするという。

なお、マツダの米国部門は、米国のすべての州当局と協力し、SKYACTIV-D 2.2が厳しい排出基準を満たし、法規制に適合することが確認された、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集