ソフトバンク、大津市でMaaS推進などで協定を締結

大津市街 (AC)
  • 大津市街 (AC)
  • ソフトバンクが展開するMaaSサービスのイメージ

ソフトバンクは4月15日、大津市とスマートシティの推進などの分野で連携・協力することを目的とした協定を締結したと発表した。

協定では、次世代モビリティサービスに向けた「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」の推進や、スマートシティの推進に関する事項、その他両者が協議して必要と認める事項に関して協力していく。特にMaaSでは、地域のあらゆる人が生活しやすくなるため、需要に合わせた移動手段/サービスを提供するオンデマンドモビリティーサービスを通じて次世代の交通インフラ創造に向けて取り組む。

大津市は、2018年4月に設置した部署「データラボ」を、今年4月にさらに発展させ、「イノベーションラボ」とし、AI(人工知能)をはじめとしたICTの利活用に向けた取り組みを推進している。

大津市とソフトバンクは、ICTの利活用をベースに、相互に連携・協力して双方の強みを生かすことで、スマートシティや次世代モビリティサービスの分野でイノベーションを推進し、地域社会の発展と市民サービス向上を図ることで合意し、協定を締結した。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集