VW、次世代EVのデジタルコクピットとインフォテインメントの開発を加速

VWグループの次世代EV「ID.」ファミリー
  • VWグループの次世代EV「ID.」ファミリー
  • フォルクスワーゲン ID.の開発プロトタイプ
  • エレクトロビットの公式サイト

エレクトロビット(Elektrobit)は4月11日、フォルクスワーゲンが次世代EVのデジタルコクピットとインフォテインメントシステムの開発に、エレクトロビットのプラットフォームを採用した、と発表した。

エレクトロビットは、ドイツに本社を置く車載ソフトウェア企業で、現在はコンチネンタルの傘下にある。1988年の設立以来、同社の製品は1億台以上の車両と10億以上のデバイスに採用されてきた。エレクトロビットは、自動運転を含めた先進運転支援システム(ADAS)、コネクティビティ、ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)などの分野で、自動車業界の技術革新を支援している。

フォルクスワーゲンは、次世代EV向けのデジタルコクピットとインフォテインメントシステムの開発に、エレクトロビットのプラットフォームを採用した。エレクトロビットの「EB GUIDE」は、複雑なHMIをスムーズかつ迅速に設計できるのが特長。EB GUIDEでは、グラフィックや音声、タッチ、ジェスチャーに基づいたコントロールで、ひとつのソースから異なるブランドやモデルにカスタマイズされたHMI開発を可能にする。これにより、フォルクスワーゲンは、次世代EV向けのデジタルコクピットとインフォテインメントシステムの開発を加速させる。

EB GUIDE は、プロトタイピング、仕様、実装、メンテナンスなど、HMIの開発プロセスに、モデルベースのアプローチを適用して、HMI開発チームの生産性向上や時間短縮を図る。HMIの開発者はEB GUIDEのデスクトップツールを使用して、HMIを設計する。EB GUIDEなら、パソコン上で変更をテストして、対象デバイスに迅速に展開できるという。

また、EB GUIDEには、音声やタッチ、ジェスチャー操作による直感的なグラフィカル2Dや3Dユーザーインターフェースを開発者が実装できる。エレクトロビットは、この機能を備えたHMI開発プラットフォームはEB GUIDEのみ、としている

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集