北海道初の鉄道利用による貨客混載事業…宗谷本線稚内-幌延間 4月18日から

宗谷本線の貨客混載輸送。往路の稚内から幌延までは荷物を輸送し、復路の幌延から稚内までは配送後に空となった専用ボックスの回送に利用する。
  • 宗谷本線の貨客混載輸送。往路の稚内から幌延までは荷物を輸送し、復路の幌延から稚内までは配送後に空となった専用ボックスの回送に利用する。

佐川急便とJR北海道は4月18日、宅配便荷物を旅客列車で運ぶ貨客混載事業を開始する。

宗谷本線稚内~幌延間で実施するもので、同事業は2018年10月29日に両者が合意していた。利用する旅客列車は、稚内10時27分発4326Dと幌延10時56分発4325Dで、平日のみ実施する。

往路の4326Dでは、佐川急便稚内営業所の担当者が配達荷物を積んだ専用ボックスを稚内駅から列車に積み込み、幌延駅に到着後、幌延町で配送委託された天塩ハイヤーの担当者が専用ボックスを降ろし配達を行なう。

配達後に空となった専用ボックスは、復路の4325Dで稚内駅まで回送され、同駅で佐川急便の担当者が持ち帰る。

この事業はドライバー不足に悩む佐川急便と、旅客列車の利用促進を図りたいJR北海道の思惑が一致したことによるもので、2018年10月に両者が合意していた。北海道では路線バスや乗合タクシーによる貨客混載輸送は行なわれていたが、実証実験以外で鉄道によるものは初めて。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集